終身保険:節税対策ドキュメント

終身保険

従業員の退職金として使える終身保険を紹介します。

当社は2015年10月に従業員を対象として加入しました。
投資履歴のうち以下の時期にあたります。

  • 第一期:従業員と代表の老後資金確保
  • 第二期:従業員の定年までの最低生活確保
  • 第三期:従業員と代表のさらなる老後資金確保
  • 第四期:従業員のプラスαの報酬確保(モチベーションUP)
  • 第五期:福利厚生充実

※詳しくは、「当社の投資履歴」を参照

終身保険契約書

「従業員の老後資金充実」を検討

約2年かけて試行錯誤してきた自社運営サイトが軌道に乗って利益が大幅に向上したため、「従業員の老後資金充実」を検討しました。

2008年の特退共、中退共への加入により老後資金の準備はできていました。

さらなる充実を目的に2015年3月に終身保険に加入しました。

退職金の強化か、給与のベースUPか

上記で述べたように退職金は特退共、中退共に加入済だったので、モチベーションUPには給与のベースUPの方が良いかもしれないと考えました。

なぜなら従業員は30代が中心であり、老後に関しては「まだまだ先のこと」というイメージしかなく、彼らは退職金の強化への価値を感じなかったからです。

しかし、「やはり老後資金の方が重要」と考え、「老後はどんな生活を送りたいか」「そのためには年間いくら必要か」「年金への期待度」などを考えさせ、いかに「いま将来に備えることが大切か」を自覚させました。

その自覚が浸透したため、半年後の10月に追加として養老保険に加入しました

給与のベースUPをしなかったもうひとつの理由

給与のベースUPをした場合、従業員には増えた分に応じた所得税、住民税、社会保険料がかかります。
また会社としても社会保険料の負担が増えます。ボーナスとして支払う場合も同じです。

その分を保険の掛金に回した場合、法人税の対象となりますが、保険の加入の方がベターと考えました。

退職時には178万円になります

この従業員は2015年の加入時37歳。
退職時には178万円となります。

このケースでは、毎年掛金を払うのではなく、一時払いで対応しました。

なお、終身保険は税制メリットがなく、資産として扱われますが、モチベーションUPを優先しています。

年齢 払込保険料 返戻金 返戻率
1年目(2015年) 37歳 1,527,480円 1,497,000円 98.0%
5年目(2019年) 41歳 0 1,535,600円 100.5%
10年目(2024年) 46歳 0 1,584,600円 103.7%
15年目(2029年) 51歳 0 1,634,000円 106.9%
20年目(2034年) 56歳 0 1,683,600円 110.2%
25年目(2039年) 60歳 0 1,733,000円 113.4%
30年目(2044年) 65歳 0 1,781,200円 116.6%
50年目(2064年) 86歳 0 1,934,400円 126.6%
90年目(2104年) 126歳 0 2,000,000円 130.9%
解約予定時期

この従業員が65才になる2044年に解約予定。

受取人は会社で、退職金として従業員に支給します。
よって、すべて経費となり、178万円を損金計上できます。

なお、退職金として支給する代わりに一生涯の死亡保障として使える機能があり、名義を従業員に変更して譲渡することもできます。

当社は、退職金として支給する予定なので、その他加入している中退共特退共養老保険等と合わせて退職金として扱う予定です。

本来、特退共などと合わせて所得税の計算をしなければならないが、ここでは本終身保険に絞って計算します。
退職所得金額の求め方は以下です。

退職時の計算

退職金受取時には所得税、住民税が発生します。
当社のケースで税金のシミュレーションをしてみます。

控除額の計算方法は以下のとおりです。

  1. 勤続年数20年以下の控除額
    40万円×勤続年数
    ※この計算の結果、80万円に満たない場合、控除額は80万円
  2. 勤続年数20年以上の控除額
    800万円+70万円×(勤続年数-20年)

当社の従業員は……

2007年入社→退職時時2044年なので、勤続年数は37年。
よって、勤続年数20年以上にあたります。

800万円+70万円×(勤続年数37年-20年)=控除額1990万円

控除額1990万円 > 退職金178万1200円なので、税金はかからないということになります。

従業員のモチベーションUPを目的とした終身保険をご紹介しました。

退職金目的としては、養老保険などもあります。
御社の状況に応じた商品を提案させていただきますので、ぜひお問い合わせください。