旅費規程:節税対策ドキュメント

出張費の社内ルール「旅費規程」を作って節税~ 中小企業だけが知らない方法 ~

出張費は出張後に実費精算しているのではないでしょうか。

役所や大企業では、実費精算はしません。

「東京-大阪間は8万円」など「独自に決めた金額」を支給しています。

たいていの場合、実費よりも高い金額が支給されています。

これらは「旅費規程」というルールを作ることで実現します。

旅費規程を作るメリット

  1. 交通費や宿泊費を、「実費より高い金額」で「経費計上」できる
  2. 実費とは別に、出張手当という日当を支給できる
  3. 従業員にとっても経理にとっても、経費精算が簡単になる

導入事例

当社の導入事例をご紹介します。

旅費規程がない場合

東京-大阪間

交通費新幹線 普通車 片道 13,620円
往復 27,240円
ホテル代ビジネスホテル
シングル
10,000円
日当 0円
合計 37,240円

実費精算のため、
領収書のとおりに
合計 37,240円を経費計上

旅費規程がある場合

東京-大阪間

交通費新幹線 グリーン車 片道 19,230円
往復 38,460円
ホテル代シティホテル
デラックス
20,000円
日当 30,000円
合計 88,460円

旅費規程に基づく精算のため、
実費(37,240円)より多い
合計 88,460円を経費計上

この事例では、2倍以上の経費を計上できました

  • 日当
    実費精算では課税対象になる「日当」を、非課税で設定できます。金額はある程度、自由に設定できます。
  • 旅費
    ここでは、旅費規程に「役員以上はグリーン車またはビジネスクラスの利用」という項目と金額を規定しているので、グリーン車の金額を計上できます。
  • ホテル代
    旅費と同様、社長や役員であればしっかり休養を取るため、設備の整ったシティホテルに宿泊することが認められます。

なお、必ずしもグリーン車やシティホテルを使わなければいけないわけではありません。実際の旅費は好きに使えます。

旅費規程を作っていれば、使った額に関係なく決まった金額を支給し、経費として計上することができます。

旅費規程の金額設定について

当社では日当を3万円としていますが、法律で決まっているわけではありません。

早朝に出発すれば早朝手当、深夜に帰社すれば深夜手当など、ケースによって手当を加算することができます。

しかし、不自然に高額な設定をすれば、税務調査でNGとなる可能性があります。

金額設定について、国税庁は以下の2点を定めています。

  1. 同業種、同規模の会社と比べて高すぎないか
  2. 役職間のバランスがとれているかどうか

税務調査を受けても大丈夫なのか

心配なのが税務調査です。余計な突っ込みをされない対策があります。

それは「株主総会で決める」です。

株主総会は、社長個人ではなく「出資者の集まり」です。

株主総会で決議されたのであれば、すべて株主の意向ということになります。

社長は株主の意向に従って、規程に基づいた運用をしているにすぎません。

税務署が旅費規程を否認するには「株主総会で決めたことが違法」という証明することが必要になります。

しかし彼らは介入できる立場にありません。

旅費規程のポイントは、株主総会を開き、株主総会議事録を作成することです。

社長一人しか株主がいなかったとしても、この対策でOKです。

当社事例では、年間36万円を節税

旅費規程マニュアル

実際に正当と認められる額は、業種や会社の状況によって変わります。

この旅費規程マニュアルは、多くの会社が導入した実績データと蓄積されたノウハウをもとに作られています。

当社の事例を導入した場合、1回の出張で約5万円多く経費として計上することができます。
月に2回出張すれば年間120万円。法人税を30%とすると、36万円の節税になります。

当マニュアルはサポート付です。
1ヶ月間、回数無制限でご相談いただけます。

一回5万円×月2回×12か月=120万円を余分に経費計上できる

料金

「旅費規程活用マニュアル」 86,184円(税込)

セット内容

  1. 旅費規程活用マニュアル(PDF/21P)
  2. スペシャル旅費規程(Word/2P)
  3. 海外出張旅費規程(Word/2P)
  4. 臨時株主総会議事録&総社員の同意書(Word/各1P)
  5. 旅費精算表(Excel)
  6. 特定交通費パターン表(Excel)
  7. 税務署から電話が来た!応対マニュアル(PDF/1P)
  8. メールサポート(1ヵ月)
  9. 追加情報サービス(不定期)

当社の旅費規程であれば、月2回だれかが出張すれば、三か月で回収できるお値段です。
御社ではどのくらい節税できるのか、まずはご確認ください。