航空機オペレーティングリースの元本毀損リスクについて。過去、元本を回収できなかったケースはあったのでしょうか。

航空機オペレーティングリースへの投資を検討しています。

航空会社の倒産などによる元本割れのリスクを懸念していますが、過去そのようなケースはあったのでしょうか。

当社も同じことを思ったので、過去のケースを販売会社に聞いたところ、元本割れの事例はあったようです。

ただ、飛行機は人々の生活に必要なインフラなので、航空会社が経営破綻に陥っても国などが救済し再建に向けて経営を継続することがよくあります。

そのような場合は、リース契約は継続されます。

過去、経営破綻したJALやユナイテッド航空などがその一例です。

判断基準の一つは損金性や利回りを見ることです。

経営が安定している航空会社は、人気があるため、損金性や利回りはあまり高くありません。

一方、地名度が低かったり規模が大きくない航空会社の場合、損金性や利回りは高くなる傾向にあります。

その辺りを考慮して当社は国内外の大手航空会社、海運会社に投資をしました。

投資事例は、以下にてご覧いただけます。

機密情報のため、実際の投資した会社名は伏せております。

現在の状況等より詳しいお話を希望される場合はお問い合わせください。