「LED照明レンタル」の検索結果

今月決算法人ですが、個人へ短期借入金を返済することで法人税の節税ができますか。
今月決算の法人経営者です。今期大幅に黒字となり、かなりの法人税を納めることになりそうです。ここ数年赤字決算で、個人からの役員借入金があります。個人へ短期借入金を返済することで法人税の節税ができますか。

いいえ、役員借入金の返済は損金にはなりません。

決算前の税金対策について、1000万円ほどの利益圧縮ができる節税を教えてください。
決算前の税金対策について教えてください。思いがけず利益が上がり、決算対策としてあと1000万円ほどの利益圧縮を考えています。役員報酬を調整しようと思っていますが、あまり上げると社会保険料も上がるので悩んでいます。駆け込みで対策できることはありますか?

決算直前での役員報酬の調整は、損金算入が認められません。

当社の経験に基づいて、役員報酬の調整以外の決算対策に使える節税を3つご紹介します。

少額減価償却資産特例の節税スキームを使った節税商品を教えてください。
少額減価償却資産特例の節税スキームを使った節税商品を教えてください。

当社が投資した節税商品のうち、この節税スキームを使った商品を4つご紹介します。

決算まで残り3ヶ月です。今後の業績がどうなるか不安もあり、短期繰り延べができる節税を探しています。
決算まで残り3ヶ月です。利益を繰り延べたいと思いますが、現況を考えるとあまり長期の繰り延べは考えていません。短期的な繰り延べができる節税を教えてください。

決算3ヶ月前でも投資でき、1年〜4年の短期繰り延べができる節税として3つの節税をご紹介します。

安定した売上の柱を作りたいと考えています。お勧めのストックビジネスになる投資商品を教えてください。
新型コロナウィルスの影響を受けて売上が大幅に減少し、資金面においてかなり苦労をしました。もし今後、同じようなことがあった場合のことを考えると、ストック収入になる投資で対策が必要だと考えています。不動産投資は、償却年数が長いので節税効果が低くなることから、他にいい投資商品はありませんでしょうか。

10万円未満の少額償却資産を使った、全額が単年で即時償却になり、毎月安定収益が得られる4つの節税商品をご紹介します。


足場レンタルとLEDレンタル事業を比較しています。足場の需要性は分かりますが、LEDも需要はあるものでしょうか。
利益圧縮をするために節税を探していたところ、即時償却ができる足場レンタルとLEDレンタル事業に興味をもちました。私は不動産業をしていますので、足場の需要性は分かりますが、LEDの需要については不明です。LEDの需要はあるものでしょうか。

LEDには電気代が安く、寿命が長いというメリットがあるものの、値段が高いことが普及にブレーキをかけています。

低コストで導入できるLEDレンタルが需要を喚起すると思われます。

当社はこの事業に投資しました。その実績をご紹介します。

LED照明レンタル事業に興味がありますが、同じような業者は他にもありますか?
LED照明レンタル事業に興味を持ちました。この事業は4年で投資金額の110%を回収するとのことですが、他にも同じような業者はあるのでしょうか。もしあるとすれば、会社の信用性や投資条件等を比較したいと思っていますので教えていただけると助かります。

当社では1社からお話を聞いて投資を決めたため、他に同業者が存在するのかどうかはわかりません。

事業の新規性、収益性(100%以上回収できる)が評価できた上に、理念に独自性を感じました。

その理念とは、福島県いわき市出身の社長が考えた「LEDの普及により100年後の地球と子供たちの未来を守る」というものです。

特に他社比較をしなかったのは、そういう背景があります。

より詳しい当社の投資体験については、以下からご覧ください。

LED照明レンタルの節税事業について、申込み後すぐに始められるのでしょうか。
御社のLED照明レンタルのぺージにて決算2週間前でも契約ができたと見ました。今期の決算対策にLED照明レンタルへの投資を検討しています。契約したいと申し出ても、借り手がないために契約できず、決算に間に合わないケースを懸念していますが、そういう心配はないでしょうか?

保証はできませんが、ほぼ確実にすぐに始められますと業者から聞いています。

当社を含め、これまで紹介させていただいた企業様はすべて申込み後すぐに契約をスタートできています。

業者によると、貸し出す先は随時募集をしており現在は、設置待ちの案件に対して順次取付けを行っている状態と聞いています。

今からの申込みでいつスタートできるかどうかを知りたい方は、以下のページよりお気軽にお問い合わせください。

足場レンタルとLEDレンタルではどちらの方が安全な投資といえるでしょうか。
投資資金がその年に全額損金計上できる節税を探していたところ、LEDレンタルと足場レンタル事業を見つけました。どちらも、同じような特徴で魅力を感じていますが、どちらの方が安全といえるのでしょうか。

安全性に関しては、LED照明レンタルは千葉県で経営革新事業者に選定されていますし、足場レンタルは業界最大手の会社です。

当社は、LED照明レンタルと足場レンタルのどちらにも投資をしていますが、両社とも信頼しており、安全だと判断しています。

LEDレンタル事業は投資金額に上限はありますか。
決算直前でも可能なLEDレンタル事業に興味をもちました。直前まではっきりした利益が分かりませんが、2500万円ほど投資を検討しています。LEDレンタルは1口100万円からと見ましたが、投資金額に上限はありますか。

当サイトの運営者であるサクセスフューチャーが投資したLEDレンタル事業のケースをお話します。

1ヶ月間で募集している受け入れ枠は最大5000万円となっております。

5000万円に達した時点で、当月の募集は終了しますので、金額が大きい場合は早めの対応をおすすめします。

500万円が全額損金になるおすすめの節税を教えてください。
今期、突発的に大きな利益が上がりました。500万円の利益が全額損金になるおすすめの商品はありますでしょうか。
当社が経験した節税商品の中から、500万円が全額損金になる節税商品を4つご紹介します。