500万円が全額損金になるおすすめの節税を教えてください。

今期、突発的に大きな利益が上がりました。

500万円の利益が全額損金になるおすすめの商品はありますでしょうか。

当社が経験した節税商品の中から、500万円が全額損金になる節税として以下4つをご紹介します。

  • LED照明レンタル事業
  • ドローンレンタル事業
  • 足場レンタル事業
  • 仮想通貨(マイニングマシンへの投資)事業

理由は、支払い回数が1回きりで全額損金になること、投資額以上を回収できるからです。

すべて当社が経験していますので、それぞれの特徴についてご説明します。

LED照明レンタル事業への投資のながれ

  1. LED照明を購入する
  2. 購入したLEDをLEDレンタル会社に貸す
  3. レンタル会社からレンタルにてLEDを導入したい企業へ再レンタルする
  4. レンタル会社より賃料収益を受け取る

これらすべての流れをLED照明販売会社へ一任しますのでノウハウがなくても大丈夫です。

LED照明は100万円から購入でき、全額が即時償却となります。

契約期間が終了する際には、賃料で投資額以上が回収できます。

当社が投資した2018年10月は120%の運用利回りが確定していました。

現在の利回りについてはお問い合わせください。

詳細は、以下のページでご説明しています。

ドローンレンタル事業への投資のながれ

  • ドローンを販売事業者より購入する
  • 購入したドローンを販売事業者に貸す
  • 上記事業者はドローンを自社利用もしくは、FC事業者に貸し出す
  • 販売事業者より賃料収益を受け取る
  • 1年間の契約期間ともに全額を賃料にて回収して終了

これらすべての流れをドローンの販売事業者へ一任しますのでノウハウがなくても大丈夫です。

法人であれば1口360万円から、個人であれば180万円から投資でき、全額が即時償却となります。

契約期間が終了する際には、賃料で投資額以上が回収できます。

当社が投資した2019年9月は105%の運用利回りが確定していました。

現在の利回りについてはお問い合わせください。

詳細は、以下のページでご説明しています。

足場レンタル事業への投資のながれ

  1. 足場資材を購入する
  2. 購入した足場をレンタル会社に貸す
  3. 足場レンタル会社によって現場へ再レンタルする
  4. レンタル会社より賃料収益を受け取る
  5. 契約期間終了とともに足場を売却
  6. 売却金を受け取る

LED、ドローンレンタル同様、こちらの事業もすべての流れを足場販売会社へ一任できます。

資材は500万円から購入でき、全額が即時償却となります。

契約期間が終了する際には、リース料と売却益で投資額以上が回収できます。

運用利回りは、当社が投資した2017年3月で124%が確定していました。

現在の利回りについてはお問い合わせください。

詳細は、導入事例のページでご説明しています。

仮想通貨事業(マイニングマシンへの投資)

  1. 事業者よりマイニングマシンを購入する
  2. 事業者に貸し出す
  3. 事業者は、そのマシンでマイニングを行う
  4. 当社は、事業者から固定の賃料を受け取る(掘った量に関係なく固定の収益)
  5. 賃料+マイニングマシン売却費が投資金額以上を回収

投資は200万円から可能です。

こちらの事業もすべての流れをマイニング事業者へ一任できます。

マシンは1台5万円で最低投資金額は200万円からとなり、全額が即時償却となります。

契約期間は1年となります。

1年後には賃料と売却益で投資額の111%が回収できます。(2019年12月時点)

なお、希望する場合3年まで継続が可能となり、利回りも2年継続の場合127%、3年の場合143%と高くなります。

詳細は、導入事例のページでご説明しています。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書