「ドローンレンタル」の検索結果

今月決算法人ですが、個人へ短期借入金を返済することで法人税の節税ができますか。
今月決算の法人経営者です。今期大幅に黒字となり、かなりの法人税を納めることになりそうです。ここ数年赤字決算で、個人からの役員借入金があります。個人へ短期借入金を返済することで法人税の節税ができますか。

いいえ、役員借入金の返済は損金にはなりません。

決算前の税金対策について、1000万円ほどの利益圧縮ができる節税を教えてください。
決算前の税金対策について教えてください。思いがけず利益が上がり、決算対策としてあと1000万円ほどの利益圧縮を考えています。役員報酬を調整しようと思っていますが、あまり上げると社会保険料も上がるので悩んでいます。駆け込みで対策できることはありますか?

決算直前での役員報酬の調整は、損金算入が認められません。

当社の経験に基づいて、役員報酬の調整以外の決算対策に使える節税を3つご紹介します。

少額減価償却資産特例の節税スキームを使った節税商品を教えてください。
少額減価償却資産特例の節税スキームを使った節税商品を教えてください。

当社が投資した節税商品のうち、この節税スキームを使った商品を4つご紹介します。

決算対策としてドローンの節税を提案されました。「中小企業経営強化税制」という制度について教えてください。
ドローンで節税ができるという話を聞きました。「中小企業経営強化税制」という制度を活用することで、投資金額が全額即時償却になるというスキームでした。まもなく決算をむかえますので、投資を検討していますが、この制度はどのようなものなのでしょうか。

「中小企業経営強化税制」とは、中小事業者の設備投資による企業力の強化や生産性向上を後押しする制度です。

本制度を利用した節税の当社の経験とともに、当社が投資をしたドローン事業についてご説明します。

ドローンレンタル事業では、投資したドローンはどのように使われるのでしょうか。
ドローンレンタル事業への投資で質問があります。ドローンレンタル事業では、投資したドローンはどのように使われるのでしょうか。ドローンの将来性は感じていますが、あまりイメージができないので教えてください。

投資したドローンは、事業者が直営で使用する他、提携する各FC事業者によって「ドローンレース」と「操縦士資格の取得スクール」の目的で使用されます。

決算まで残り3ヶ月です。今後の業績がどうなるか不安もあり、短期繰り延べができる節税を探しています。
決算まで残り3ヶ月です。利益を繰り延べたいと思いますが、現況を考えるとあまり長期の繰り延べは考えていません。短期的な繰り延べができる節税を教えてください。

決算3ヶ月前でも投資でき、1年〜4年の短期繰り延べができる節税として3つの節税をご紹介します。