特退共と中退共の違いについて教えてください。

加入を検討しているので、特退共と中退共の違いを教えてください。

特退共と中退共の大きな違いは以下のとおりです。


特退共 中退共
受取り金額 1491万円 1669万円
運営団体 商工会議所等 国(独立行政法人)
助成金 なし あり

※受取り金額は、掛金3万円で38年間(22歳で加入、定年60歳まで)かけた場合のものです。

支払った累計額は、1368万円です。

受取れる金額

中退共の方が受け取れる金額が多くなります。

また、受取り額が元本を上回るのは、特退共は加入後12年以降ですが、中退共は4年以降になります。

運営団体

特退共の運営団体は、特定退職金共済団体の商工会議所等です。

掛金は、民間の保険会社によって運用されます。

一方、中退共は、国の制度として運営されています。

助成金

中退共には、国からの助成金を受けられる制度があります。

加入後4ヶ月目から掛金月額の1/2を、国が1年間助成してくれます。

なお、上限金額は1人につき5,000円となっています。

当社は、ほぼ同時期に双方に加入しましたが、国の制度で安心、確実、助成金を受けられる点から、まずは中退共への加入をおすすめします。

当社の加入事例は、以下をご覧ください。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書