12月まで残り5ヶ月のなかで、手間がかからずに個人で約2、3000万円の節税ができるものを教えてください。

個人でできる節税を探しています。

12月まで残り5ヶ月のなかで、約2000万円から3000万円が節税できるものがあれば教えてください。

普段はサラリーマンをしているので、手間がかからない節税だとありがたいです。



当社が投資した節税に、投資金額が全額今年中に経費になる節税があります。

当社の契約は、法人契約となりますが、個人でも投資ができますので以下ご紹介します。

  • LED照明レンタル事業
  • 足場レンタル事業
  • ドローンレンタル事業

これらはすべて運用、管理を業者に任せられますので、投資側は費用を支払うだけです。

上記3つの節税に共通する特徴は以下の通りです。

  • 全額が単年で経費になる
  • 収益が100%以上見込める
  • 固定収益が得られる
  • 3000万円でも対応可能

異なる点は、投資できる金額の最小単位、契約期間、資金の回収年数や利回り等です。

早く回収を希望する場合は、ドローンレンタル、LED照明レンタルがお勧めです。

足場レンタル事業は回収に9年要するのに対して、ドローンレンタルは1年で回収ができます。

LEDレンタルであれば4年です。

また、利回りは足場レンタルが124%と最も高く感じられますが、期間の違いを考慮すると遜色ありません。

いずれも、足場やLED、ドローンなどの投資対象を必要とする企業や人に貸し出すことで賃料を得るビジネスですので、それらの需要を考慮して投資することが重要です。

以下のページにて、各事業の将来性や各事業の詳細、当社の投資事例をご覧いただけます。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書