逓増定期保険の名義変更について。個人で支払う保険料は1ヶ月分か1年分のどちらの方がいいのでしょうか。

以前加入した逓増定期保険について。

保険会社からの案内では名義変更後、個人が1年間の保険料を支払う必要があると聞いていました。

しかし、御社のサイトで1ヶ月分でも可能という内容を見ました。

どちらの方がいいのでしょうか。

名義変更後、個人が支払う保険料が1ヶ月分と1年分の場合では、解約返戻率と返戻金の金額に影響しますので、その差分を試算した上で検討することをお勧めします。

当社が加入した逓増定期保険の場合、名義変更後の保険料が1ヶ月分と1年分とでは受け取れる金額は以下のとおりです。(解約は2021年の予定)

当社の年間保険料は約1000万円です。

▼1年分の保険料を支払った場合

累計保険料:60,625,602円

返戻金:59,391,420円

差額:-1,234,182円(97.9%)

▼1ヵ月分の保険料を支払った場合

累計保険料:51,406,125円

返戻金:50,012,820円

差額:-1,393,305円(97.3%)

2つを比べた場合、1年分の保険料を支払う方が目減りする金額は16万円少なくすみます。

しかし、その場合支払う保険料は1ヵ月分よりも当然多くなります。

当社が加入した保険の返戻率は97.3%と97.9%とでその差があまりありませんでした。

個人で1000万円の支出は金額が大きいこともあり、当社の代表は1000万円を払って16万円多く受け取るよりも、1ヵ月分の保険料を支払うことを選択しました。

より詳しい当社の事例は以下にてご覧いただけます。