購入した足場の貸し出し先は決まっているんでしょうか。

足場レンタル事業に興味があります。

契約したものの、借り手が見つからず、なかなか賃料が入ってこないということは考えられますか。

いいえ、そのようなことはありません。

なぜなら、契約は、借り手が見つかってからはじめてスタートするものだからです。

投資の意思表明後、足場レンタル会社は借り手を探します。

借り手が確定したのちに契約がスタートします。

そのため、契約開始時に借り手が存在しないということはありません。

このような流れであることから、本事業は、必ずしも希望時期にはじめられるとは限りません。

本サイトを運営するサクセスフューチャーは、申し込みから契約スタートまでに、約2ヶ月ほどかかりました。

決算直前などすぐの契約を希望の場合には、足場レンタル事業によく似たLED照明レンタル事業がおすすめです。

こちらであれば、すぐに契約ができます。

サクセスフューチャーでは、決算2週間前に申し込み、数日で契約が完了しました。

以下のページにて詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書