海外の不動産投資についての質問です。

海外に不動産を所有することは、節税面で有利なのでしょうか。

なにか困る点などあれば教えてください。

例えばアメリカで不動産を所有すると、日本の不動産に比べ損金算入額が大きくなります。

アメリカは、日本より建物への評価割合が高い傾向があるからです。

ラスベガスに不動産を購入した私のクライアントは、購入価格に対して70%以上の金額を損金算入しました。

その事例をご紹介します。

日本とアメリカの土地建物の評価比率

クライアントがラスベガスで購入した物件と、比較的似た日本の物件で比較した場合、土地と建物の評価比率は以下のようになります。


 土地比率  建物比率 
 日 本 70%30%
 アメリカ 20%80%

アメリカは中古市場が成熟しているため、建物への評価比率が非常に高くなります。

クライアントは、約2500万円で物件を購入しそのうちの約1850万円を損金算入できました。

ラスベガスは優良投資エリアですので毎月約13万円の賃料収入があります。

物件選びから購入手続き、運用、現地口座開設、維持管理等すべてを代行会社を通すことができますので、困る点はありません。

クライアントの加入事例は以下にて詳しくご覧いただけます。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書