小規模企業共済とはどのような制度でしょうか。

知人から小規模企業共済というものを聞きました。

具体的にどのような制度でしょうか。

小規模企業共済は、経営者のための退職金積立制度です。

従業員のための退職金制度が充実している一方で、経営者の恩恵が少ないことから作られた国の制度です。

本共済は、社長個人が加入します。

毎月の掛金は、1000円?7万円の間で設定できます。

掛金は、全額所得控除扱いになりますので、所得税と住民税の節税になります。

受け取り額は掛金を上回ります

当社の代表は39歳で小規模企業共済へ加入しました。

掛金は7万円/月です。

退職予定の65歳では、積立累計額は約2184万円に対して、受け取り額が約2500万円になります。

以下の条件を満たすと、受け取り額は積立額を上回ります。

  • 受け取り時の年齢が65歳以上で納付期間が15年以上の場合
  • 受け取り時の年齢が65歳未満の場合20年以上の納付期間

受け取り額の試算や当社の加入事例は以下からご覧いただけます。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書