早くできる、すぐできる節税を教えてください。

法人を経営しています。

今期の節税対策として500万円の節税を考えています。

保険以外で、早くできる、すぐできる節税商品を教えてください。


早くできる節税として、LED照明のレンタル事業への投資を紹介します。

約1週間という早さで契約することができます。

LEDを購入し、それをレンタルすることで賃料を得るビジネスです。

LED照明のレンタル事業の特徴

約1週間で契約できるスピードに加え、以下のような特徴を持っています。

  • 1口100万円から投資できる
  • 投資回数は1回だけ(LEDを購入した時だけ)
  • その投資金額は全額損金にできる
  • 回収率は120%(※ 2018年10月当時)
  • 4年で回収完了

投資実績の紹介

本サイトの運営者であるサクセスフューチャーが2018年10月に投資した実績を紹介します。

  • 投資金額:200万円(2口)
  • 毎月の収益:50,000円
  • 全収益の予定額:240万円

ビジネスモデルについて

光熱費を抑えるために蛍光灯からLEDに変えたいという需要があります。

一方、LEDは購入費が高くつきます。会社の規模が大きいほど初期コストが膨らみます。

そんな企業に向けて、LEDをレンタルするのが、このビジネスモデルです。

企業は、レンタル代と電気代をあわせた額が、従来の電気代よりも安くなるというメリットがあります。

投資資金が一括損金にできる理由や、ビジネススキームについては、以下のページで詳しく説明しておりますので、ご参照ください。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書