「税務署」と「国税局」の所轄の区分について

税務調査の所轄について質問です。

税務調査は、会社の規模により、「国税局」の所轄と「税務署」の所轄に区分されると聞きました。

その線引きについて教えてください。

 

「1億円基準」により、所轄が区分されます。

法人の税務調査に限って言えば、基本的には資本金1億円以上の法人が国税局(調査部)の所管となり、1億円未満の法人が税務署(法人部門)の所管となります。

法人税の軽減(所得800万円以下の軽減税率適用)を含む各種中小企業の特典に定義される中小企業は資本金等の額1億円以下となっています。

したがって、資本金が1億円ちょうどの法人は、中小企業の特典を受けることができる一方で、税務調査の所管は国税局の調査部ということになります。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。