民泊って儲かりますか?

投資として、民泊を検討しています。

民泊は儲かりますか?

当社は民泊事業で年利25%の収益をあげています。

初期投資250万円を4年で回収し、以降はすべて利益になるプランです。

当社の民泊投資事例

マンションの一室を賃貸契約し、合法民泊として収益を得ます。

運用は代行会社へ一任できますので、民泊への知識がなくても問題ありません。

購入時

価格 250万円?/部屋

損金性 全損

2部屋、3部屋と複数契約することもできます。

運用時

収益性 月利2.1% 年利25%

投資金額の回収年数 約4年強

売上保証プランにより、5.25万円/月の賃料収入が保証されているので、4年強で回収します。

回収後の毎月5.25万円は、そのまま利益になります。

ポイントは、「インバウンド需要」の継続性

現在、民泊が好調な理由は、ご存知のように訪日観光客の数(インバウンド需要)が延び続けているからです。

この需要があるかぎり民泊は安定事業ですが、いつまで続くかがポイントです。

今から投資する場合、少なくとも投資資金を回収できる4年は続くという読みが必要です。

みずほ総合研究所の予測

  1. スペインやフランスなどに比べ、日本は訪日観光客数が少ない(伸びしろがある)
  2. 夏季オリンピック開催国は、開催後も観光客数が増加傾向
  3. 国や自治体が観光客誘致対策を強化;モノの消費からコト消費(体験)へシフト

みずほ総合研究所のレポートを読むと4年は需要が続くことが期待できます。

その他、観光庁や、さまざまな機関・団体が予測しているので、そちらを参考にしながら予測されることをお勧めします。

名義変更で個人へ権利を譲渡

民泊の権利を個人(例えば社長)に名義変更して譲渡することで、以降は毎月個人の収入にすることができます。

民泊の将来性や今後の見通しなどは、以下のページからご覧いただけます。